騙されないで!悪徳業者の特徴 – “不動産のプロ”が行う不動産投資コンサルティングサービス - トラストバンク株式会社

お電話でのお問合せ・ご相談(無料)

06-6131-8281

営業時間/10:00~18:00 定休日/水曜日

騙されないで!悪徳業者の特徴 – “不動産のプロ”が行う不動産投資コンサルティングサービス - トラストバンク株式会社

不動産投資コラム

騙されないで!悪徳業者の特徴

(株)トラストバンク代表の冲中です。

今回は、「騙されないで!悪徳業者の特徴」をお届けします。

不動産投資で成功するためには、信頼できる業者に依頼することが大変重要です。中には、利益が欲しくて良くない物件を薦めてくる業者も残念ながらあります。

今回は、良い業者と良くない業者を見分けるポイントを4つ紹介します。最後まで目を通していただければ、不動産購入の一助になると思います。

①都合のよい情報だけを話す

表面利回り、年間の家賃収入など、オーナーにとって収入となる話しかしてくれない業者には注意が必要です。

不動産投資には、良い面もあれば、悪い面も必ずあります。

・空室問題
・金利の上昇
・管理会社の状況
・業者の実績
・修繕の必要性
・修繕に向けた具体的な金額や資金計画

このように、問題に対してどのように対応するか、
業者自身の経験や顧客の困り感を先回りして防いでくれる業者を選ぶべきです。

②すぐに申込書を書かせる


業者が紹介する物件は、インターネットに掲載される前の物件がほとんどです。

「この物件の情報は、◯◯さんだけに先にお伝えしています。明日になったら他の方にも情報が届きます」

不動産業者の決まり文句です。申込書を急かして書かせようとします。

”あなただけの特別感”を売りにして、即決させようと言葉がけをすることが多いですが、
急いで決断する必要はありません。

他の方が先に手を挙げたらなら、それはあなたが所有する縁ではなかったのです。

物件の良い面・悪い面両方を説明してくれて、親身になって考えるのであれば、
決断に時間がかかっても仕方のないことです。

すぐに申込書を書かせようとする業者には気をつけてください。
手続きは早くても、買った後のアフターケアは粗悪すぎるケースもありますから、要注意です。

③売り主を教えてくれない

物件を売りたい売り主は、複数の業者に売却の依頼をお願いする場合があります。
不動産を売却するときには、

一般媒介契約…複数の不動産会社と媒介契約ができる
専任(専属)媒介契約…媒介契約は一社のみ

売り主としては、幅広く買い主を探してもらうには、
一般媒介契約が有利に見えます。
※ただし、指定流通機構(レインズ)への登録は任意になります。

複数の不動産業者と契約するので、買い主の間口は広がりますが、
不動産業者からするとライバルが増えることにもなります。

そのため、売り主を開示してくれないケースもあります。

「どんな人が持っていた物件なのか」
「なんの目的で物件を手放そうとしているのか」

という情報を教えてくれる業者とつながることがポイントです。

また、施工業者の情報を聞くことも重要。
施工業者を聞き、インターネットで調べて評価を知ることもやっておきましょう。

利回りや価格などの表面の情報は良くても、
物件の背景にある事情まで気をつけなければなりません。

不透明な部分がないように
細かいところまで質問して、それに応えてくれる
業者を選んでください。

もし、

「ちょっと怪しいな」
「たよりないな」

と感じたら、その業者や物件との縁はなかったと考え、すっぱりと断りましょう!

④まとめ

悪徳業者の特徴は3つです。

1.都合のよい情報だけを話す

2.すぐに申込書を書かせる

3.売り主を教えてくれない

不動産投資において、業者は大切なパートナーです。
慎重に選んでくださいね。

弊社では、物件のセカンドオピニオンなども行っています。
HPの問い合わせより、お気軽にお問い合わせください。
(コラムを読んでと、一言書いていただけるとうれしいです)

記事一覧

お問い合わせは
こちらから

不動産投資に役立つ情報やノウハウを
メールマガジンで無料配信しています!